アグネ技術センターHOME   会社案内 |  出版部門 |  お問合わせ |  測定料金 |  試料形状 | 

TOP 熱分析 X線分析 物理測定 その他の分析
測定・分析部門 TOP  >  試料形状

試料形状


熱分析
測定項目 測定方法 形状・サイズ
比熱測定 @断熱型連続法 ・下記容器にできるだけたくさん入る事。
 一体物として成形できればベストだが、小片を重ねても良い
・機械仕上げ:加工面は▽▽▽とする。
・寸法はすべてマイナス側に製作すること。
・16oφ 高さ30oでも可。
ADSC法 ・5oφ 高さ0.3〜0.6o
・粉体でも可。
Bレーザフラッシュ法 ・10oφ 厚さ2o
熱膨張率測定 ・丸棒 4oφ 長さ20o
・角棒 4×4×20o
・機械仕上げ:加工面は▽▽▽とする。

※DL-9600では、3-5mmφの丸棒、または一辺3-5mm角柱で、長さ15mmまたは20mm(10mmも可)
熱伝導率測定
熱拡散率測定
@レーザフラッシュ法 ・10oφ 厚さ2o(1.5〜2.5o)
・熱伝導率の良いもの(Cu,Al,AlN・・・)は厚さ3oとする。
・機械仕上げ:加工面は▽▽▽とする。
A熱線法 ・30×50×10〜15oの板 2枚
・2枚の板の重ね面をできるだけ平滑にすること。
B温度傾斜法 ・50oφ 厚さ0.5〜3.0o(プラスチック等)
・金属・グラファイトは別途ご相談下さい。
X線分析
測定項目 測定方法 形状・サイズ
蛍光X線分析 @定性分析 ・粉末試料
約0.1ml以上が原則ですが、微量でも測定可能です。
・板状試料
直径50o以下
A定量分析 ・粉末試料
数ml以上が原則ですが、微量の場合はご相談ください。
・板状試料
直径20mm以上、50mm以下が原則ですが、寸法が異なる場合はご相談ください。
X線回折 ・粉末試料
耳かき1杯以上の量が必要ですが、それ以下でも測定可能ですので、ご相談ください。
・板状試料
約20×10oの大きさが原則ですが、それ以上でもそれ以下でも測定可能ですので、ご相談ください。
物理測定
測定項目 測定方法 形状・サイズ
電気抵抗 ・3oφ または 3×3o 長さ80o 断面積が一定であれば良い。
磁気測定 ・強磁性体(磁石につく試料)
ドーナツ型試料:外形45oφ 内径38oφ 厚さ1〜2o
・常磁性体(磁石につかない試料)
5×5×5o
できるだけ平行に 加工面は▽▽▽とする。
弾性率測定
(ヤング率)
曲げ共振法 ・幅10o 長さ60o 厚さ2o
弾性率測定
(ポアソン比,剛性率,ヤング率)
ヤング率
超音波法
・16oφ 長さ10o
・平行であること。両面平滑であること。
・機械仕上げ:加工面は▽▽▽とする。
粘度測定 @ガラス・スラグ ・10〜12mmφ 高さ5〜6oのガラス円柱
・15〜20mmφ 高さ40oのるつぼに溶かした4ml程度の試料(るつぼ法)
A水溶液・溶剤 ・毛細管法 50cc
・回転円筒法 200cc
高温硬さ測定 ・5×5×10o
・機械仕上げ:加工面は▽▽▽とする。


採用情報 |  著作権について |  個人情報保護 |  サイトマップ | 
株式会社 アグネ技術センター   〒107-0062 東京都港区南青山5-1-25 北村ビル
 TEL03-3409-5329(代表)/FAX03-3409-8237
© AGNE Gijutsu Center Inc., 2014-