アグネ技術センターHOME   会社案内 |  測定・分析部門 |  お問合わせ |  注文方法 |  サイトリンク | 

TOP 新刊案内 書籍 雑誌 常備店
出版部門 TOP  >  書籍  >  固体物理学概論


固体物理学概論 固体物理学概論

H.P.Myers 著・永澤耿 訳

1993年3月10日 初版1刷
ISBN 978-4-900041-20-2 C3042
発行 アグネ技術センター
A5判・並製函入/644頁
定価 6,480円(本体価格6,000円+税 8%)

→厚さ:35mm,重さ:930g

物理学、物質科学および工学部の物理系の学部学生のために書かれた固体物理学の入門書として、この種の本では他に例を見ない実験物理学者により書かれたものである。豊富な図表を使い、実験方法・装置についての説明も加えて、現象や法則を具体的に理解できる工夫がなされている。

[目次]

著者の序
訳者前書き
物理定数と電子ボルト(eV)の換算表
序論

第1章 物質と固体物理学の方法
  1.1 現象と物質
  1.2 周期律表
  1.3 ポテンシャル・エネルギー
  1.4 結晶の結合と価電子電荷の分布

第2章 結晶学
  2.1 格子
  2.2 結晶面
  2.3 結晶の投影
  2.4 逆格子

第3章 回折
  3.1 理論的予備知識
  3.2 原子形状因子
  3.3 構造因子
  3.4 実験法の詳細
  3.5 電子回折と中性子回折
  3.6 非周期構造
  3.7 準周期構

第4章 結晶中の欠陥
  4.1 機械的性
  4.2 転位
  4.3 非金属の機械的性質
  4.4 点欠陥

第5章 格子振動
  5.1 アインシュタイン・モデル
  5.2 デバイ・モデル
  5.3 連続体の固体
  5.4 1 次元格子
  5.5 モードの数
  5.6 修正デバイ・モデル
  5.7 音響モードと光学モード
  5.8 吸収
  5.9 フォノンと量子化
  5.10 ブリルアン・ゾーン
  5.11 非弾性中性子散乱
  5.12 熱的性質

第6章 金属的挙動と自由電子気体
  6.1 自由電子気体の基本的性質
  6.2 kFEFN(E)および の数値
  6.3 実験の比較
  6.4 電気的性質
  6.5 光学的性質
  6.6 ホール効果
  6.7 熱伝導
  6.8 コメント

第7章 周期ポテンシャル
  7.1 自由原子内電子と固体内電子
  7.2 エネルギー・ギャップ
  7.3 ブリルアン・ゾーンと電気伝導度
  7.4 2 次元格子
  7.5 3 次元格子
  7.6 平面波の解
  7.7 空格子と単純金属
  7.8 コア状態とバンド状態
  7.9 遷移金属とd 状態
  7.10 貴金属 Cu,Ag,Au
  7.11 希土類金属
  7.12 アクチノイド金属

第8章 純金属の凝集
  8.1 単純金属
  8.2 遷移金属
  8.3 ポスト遷移金属
  8.4 希土類金属

第9章 金属の物理的性質
  9.1 フェルミ面
  9.2 熱的性質
  9.3 磁化率
  9.4 分光学的研究
  9.5 電気抵抗
  9.6 正孔
  9.7 電子と正孔

第10章 半導体
  10.1 真性半導体の性質
  10.2 Ge と Si の バンド構造
  10.3 不純物をドープした半導体
  10.4 外来性半導体の挙動
  10.5 正孔の易動度
  10.6 酸化物半導体
  10.7 アモルファス半導体
  10.8 新しい半導体
  10.9 pn 接合
  10.10 半導体レーザー
  10.11 量子化されたホール効果
  10.12 有機半導体

第11章 磁性
  11.1 反磁性
  11.2 原子の磁気モーメント:常磁性
  11.3 理想的磁性気体:古典的モデル
  11.4 理想的磁性気体:量子モデル
  11.5 強磁性
  11.6 負の相互作用
  11.7 交換相互作用:ハイゼンベルグ相互作用
  11.8 中性子と磁性
  11.9 磁化曲線:ヒステリシス

第12章 誘電体
  12.1 自由電子
  12.2 局所電場
  12.3 クラウジウス・モッソティの式
  12.4 εの振動数依存性
  12.5 強誘電体
  12.6 イオン結晶のバンド構造

第13章 超伝導
  13.1 マイスナー効果
  13.2 完全反磁性と S 状態の安定性
  13.3 比熱
  13.4 ロンドン方程式
  13.5 コヒーレンスの長さ
  13.6 表面エネルギー
  13.7 BCS 理論
  13.8 相互作用する対
  13.9 凝縮体
  13.10 単一粒子励起に関するエネルギー・スペクトル(準粒子)
  13.11 ギエバー・トンネル効果
  13.12 位相と運動量
  13.13 磁束の量子化
  13.14 ジョセフソンのトンネル効果
  13.15 高温超伝導

第14章 表面物理学の概観
  14.1 序論
  14.2 2 次元ブラベ格子
  14.3 表面構造の決定
  14.4 被覆膜の構造
  14.5 表面振動
  14.6 仕事関数
  14.7 表面プラズモン
  14.8 表面の電子構造と吸着分子

第15章 原子核と固体物理
  15.1 原子核と磁気効果及び 4 極子効果
  15.2 核エネルギー準位と熱平衡
  15.3 核磁気共鳴,NMR
  15.4 核比熱
  15.5 核反強磁性
  15.6 メスバウアー分光学

問題の略解
索引

採用情報 |  著作権について |  個人情報保護 |  サイトマップ | 
株式会社 アグネ技術センター   〒107-0062 東京都港区南青山5-1-25 北村ビル
 TEL03-3409-5329(代表)/FAX03-3409-8237
© AGNE Gijutsu Center Inc., 2011-