アグネ技術センターHOME   会社案内 |  測定・分析部門 |  お問合わせ |  注文方法 |  サイトリンク | 

TOP 新刊案内 書籍 雑誌 常備店
出版部門 TOP  >  書籍  >  みちのくの金


みちのくの金 みちのくの金
――幻の砂金の歴史と科学――

田口勇・尾崎保博 共編

1995年7月20日 初版1刷
ISBN 978-4-900041-42-4 C0057
発行 アグネ技術センター
A5判・上製/カラー口絵・449頁
定価 4,719円(本体価格4,369円+税 8%)

→厚さ:35mm,重さ:920g

『みちのくの鉄』 の続刊。みちのくの幻の砂金を発見し、自然科学的方法を案出して研究、歴史・考古学的研究と総合し、さらに中尊寺、伊達家などの工芸品の研究成果をまとめたものである。なお、砂金の採取方法などのフィールドワークも併わせて掲載した。幻の砂金の発見、一切経や金工芸品の最先端分析の結果、執筆者討論会など多方面から、砂金の実像をいきいきと伝える。

[目次]

はじめに(田口勇)

歴史・考古編
  古代の砂金(伊丹早苗)
  文献からみた「みちのくの砂金」(尾崎保博)
  仙台藩御本判制度(千葉明夫)
  発掘調査からみた産金地(佐々木清文)

自然科学編
  砂金の分析科学(田口 勇)
  みちのくの砂金の分布(齋藤 努)
  福島県の金鉱床と砂金(佐藤一男)
  北上山地の山金(花石公夫)

工芸編
  中尊寺と一切経(破石澄元・齋藤 努)
  仙台伊達家墳墓の金工芸副葬品(伊達泰宗)
  登米伊達家墳墓の金工芸副葬品(伊達泰宗・齋藤 努)
  日本の金貨―古代から近世初頭まで―(上田道男)

フィールドワーク編
  砂金採り道具と方法(上野保男)
  椀かけ法 砂金採り(鈴木 昇・大国龍笙)
  砂金フィールドノート(鈴木 昇)
  古代の金めっき法(伊藤博之)

執筆者討論

おわりに(田口 勇・尾崎保博)

参考文献
  古代・中世産金文献史料(尾崎保博)
  仙台藩東山地方(岩手県東磐井郡)の産金関係史料目録(千葉明夫)
  本書のための用語解説
  おもな元素記号−日本名−英名および関連物質の融点・密度

執筆者紹介
索引

採用情報 |  著作権について |  個人情報保護 |  サイトマップ | 
株式会社 アグネ技術センター   〒107-0062 東京都港区南青山5-1-25 北村ビル
 TEL03-3409-5329(代表)/FAX03-3409-8237
© AGNE Gijutsu Center Inc., 2011-