アグネ技術センターHOME   会社案内 |  測定・分析部門 |  お問合わせ |  注文方法 |  サイトリンク | 

TOP 新刊案内 書籍 雑誌 常備店
出版部門 TOP  >  書籍  >  球状黒鉛鋳鉄の強度評価


球状黒鉛鋳鉄の強度評価 球状黒鉛鋳鉄の強度評価

原田昭治・小林俊郎 編著
野口 徹・鈴木秀人・矢野 満 著

1999年12月15日 初版1刷
2005年 4月30日 初版2刷
ISBN 978-4-900041-79-0 C3053
発行 アグネ技術センター
A5判・並製/308頁
定価 4,860円(本体価格4,500円+税 8%)

→厚さ:18mm,重さ:440g

従来の鋳物のイメージを一新し、自動車用強度部品に広く使われ、高強度・耐熱・耐食等、優れた材料として期待される球状黒鉛鋳鉄。その基礎から応用までを視野に入れ、“強度評価”をキーワードとして編纂した。

[目次]

1章 球状黒鉛鋳鉄とは(小林俊郎)
 1.1 鋳鉄の特徴
 1.2 球状黒鉛鋳鉄

2章 静的引張性質(野口 徹)
 2.1 基本的特性
 2.2 球状黒鉛鋳鉄の静的破壊挙動
 2.3 引張性質に影響する種々の要因
 2.4 引張性質と硬さ
 2.5 引張性質の非破壊評価
 2.6 静的切欠き強度
 2.7 引張強度のばらつき
 2.8 鋳肌および欠陥の影響
 2.9 低温および高温における引張性質

3章 破壊靭性(小林俊郎)
 3.1 破壊力学の概念
 3.2 球状黒鉛鋳鉄における破壊機構
 3.3 破壊靭性の評価

4章 低サイクル疲労性質(原田昭治)
 4.1 低サイクル疲労性質
 4.2 疲労寿命に及ぼす諸因子の影響
 4.3 疲労機構

5章 高サイクル疲労性質(原田昭治)
 5.1 高サイクル疲労の基礎
 5.2 破壊力学援用による疲労強度評価
 5.3 疲労強度に及ぼす諸因子の影響
 5.4 超長寿命疲労―S−N曲線の2段折れ曲がり
 5.5 疲労破壊機構
 5.6 材質向上,改善への取組み,その他

6章 強度信頼性評価(鈴木秀人)
 6.1 統計的取扱いと予防保証物理による信頼性保証
 6.2 統計的取扱いによる強度信頼性評価法
 6.3 予防保証物理による疲労信頼性評価

7章 実用部材の強度評価(矢野 満)
 7.1 球状黒鉛鋳鉄製強度部品の概要
 7.2 実用部材の衝撃強度評価
 7.3 実用部材の疲労強度評価
 7.4 モデルによる強度解析法

付編 破壊力学の基礎(原田昭治)
 A 破壊力学の基礎
 B 線形弾性破壊力学(LEFM)の基礎
 C 非線形および弾塑性破壊力学および破壊靭性試験

索引
SI単位の記号例と換算表
著者略歴


採用情報 |  著作権について |  個人情報保護 |  サイトマップ | 
株式会社 アグネ技術センター   〒107-0062 東京都港区南青山5-1-25 北村ビル
 TEL03-3409-5329(代表)/FAX03-3409-8237
© AGNE Gijutsu Center Inc., 2011-