アグネ技術センターHOME   会社案内 |  測定・分析部門 |  お問合わせ |  注文方法 |  サイトリンク | 

TOP 新刊案内 書籍 雑誌 常備店
出版部門 TOP  >  書籍  >  半導体ものがたり


半導体ものがたり 半導体ものがたり
真空か、宇宙か、実験室か?

大塚 頴三

2005年4月10日 初版1刷
ISBN 978-4-901496-23-0 C0043
発行 アグネ技術センター
A5判・並製/ 125頁
定価 1,944円(本体価格1,800円+税 8%)

→厚さ:8mm,重さ:240g

日本の基幹産業を支える半導体は、自動車から携帯電話に至るまで現代生活に欠かせないものである。第2の真空と呼ばれ、宇宙をイメージさせるともいう半導体を星になぞらえ、その面白さを物語風に綴ったユニークな「半導体の物理」解説書。

[目次]

はじめに

T部 半導体ものがたり
 1 半導体とは
   1・1 第2真空
   1・2 電子と正孔-正孔は陽電子に代わるもの
   1・3 半導体の種類
   1・4 不純物の役割
   1・5 半導体中の電子散乱;特定不純物による散乱
   1・6 サイクロトロン共鳴
   1・7 不純物による散乱の特徴
   1・8 p-n接合
   1・9 金属と半導体の接触
 2 エクシトン登場
   2・1 エクシトンとは?
   2・2 電子・正孔液滴 EHD
   2・3 巨大電子・正孔液滴
 3 締めくくりに 半導体―それは物質と反物質が共存する世界

U部 電子・正孔液滴(Electron-Hole Drop)
 1 半導体宇宙への旅のはじまり
   1・1 電子・正孔液滴(Electron-Hole Drop)との出会い
   1・2 電子・正孔液滴概念の確立まで―エクシトン(励起子)とエクシトン分子
 2 電子・正孔液滴の物理的性質
   2・1 電子・正孔液滴の発見
   2・2 物質の3態(気相、液相、共存相)との類似
   2・3 電子・正孔液滴の形、大きさ、寿命
 3 サイクロトロン共鳴との関わり
   3・1 エクシトンとサイクロトロン共鳴
   3・2 サイクロトロン共鳴手法のバラエティ
   3・3 圧力をかかえると
   3・4 マグネトプラズマ共鳴
 4 光、応力、磁場
   4・1 フォノン(phonon)の風
   4・2 強磁場をかけると
   4・3 ゲルマニウムからシリコンへ
 5 巨大液滴
   5・1 偶然出来た!
   5・2 再びマグネトプラズマ共鳴
   5・3 超音波磁気共鳴吸収
   5・4 巨大液滴の特徴
   5・5 天体との類似
 6 フィナーレ

あとがき
索引

採用情報 |  著作権について |  個人情報保護 |  サイトマップ | 
株式会社 アグネ技術センター   〒107-0062 東京都港区南青山5-1-25 北村ビル
 TEL03-3409-5329(代表)/FAX03-3409-8237
© AGNE Gijutsu Center Inc., 2011-