アグネ技術センターHOME   会社案内 |  測定・分析部門 |  お問合わせ |  注文方法 |  サイトリンク | 

TOP 新刊案内 書籍 雑誌 常備店
出版部門 TOP  >  書籍  >  カドミウムと土とコメ


カドミウムと土とコメ カドミウムと土とコメ

浅見輝男 著

2005年12月26日 初版1刷
ISBN 978-4-901496-28-5 C3051
発行 アグネ技術センター
A5判・並製/ 160頁
定価3,240円(本体価格3,000円+税)

→厚さ:12mm,重さ:310g

環境土壌学の立場から、コメを中心にカドミウムによる土壌―植物汚染のメカニズムを解説。豊富なデータを基に過去−現在の環境汚染問題を提示し、今日的理解、将来的考察へと導く。政府による規定値策定の問題点についても言及。

[目次]

はじめに

1章 カドミウムによる環境汚染―その問題点

2章 カドミウム汚染と健康
 2.1 イタイイタイ病
 2.2 腎臓への影響
 2.3 骨への影響
 2.4 寿命に与える影響
 2.5 内分泌撹乱作用(環境ホルモン的作用)

3章 土壌汚染の実態―生産・消費大国 日本のカドミウム汚染
 3.1 神通川流域(神岡鉱山)
 3.2 市川・円山川流域(生野鉱山等)
 3.3 佐須川・椎根川流域(対州鉱山)
 3.4 梯川流域(尾小屋鉱山)
 3.5 小坂鉱山地域
 3.6 渡良瀬川流域(足尾銅山)
 3.7 碓氷川流域(安中製錬所)
 3.8 日橋川流域(日曹金属会津製錬所)

4章 カドミウムは土壌から植物へ
 4.1 汚染潅漑水中カドミウムの水田土壌への集積
 4.2 粘土鉱物や土壌有機物への重金属の吸着
 4.3 酸化還元電位の変化とカドミウムの溶解性変化
 4.4 水稲によるカドミウムの吸収
 4.5 水稲のカドミウム吸収と移行に及ぼす亜鉛とマンガンの影響
 4.6 水稲によるカドミウムの吸収と土壌の酸化還元電位

5章 汚染水田土壌の修復法
 5.1 難溶化によるカドミウムの吸収抑制
    改良資材投入による吸収抑制
    還元状態による吸収抑制
 5.2 カドミウム除去による吸収抑制
    生物学的方法−植物修復(ファイトレメディエーション)
    化学的方法
    農業土木的方法

6章 世界の食品中カドミウム規制の状況

7章 日本政府の対応(T)
 7.1 厚生省によるコメ中カドミウム濃度の最大基準値の問題点
 7.2 微量重金属調査研究会によるコメ中カドミウムの安全基準値算出方法の問題点
 7.3 0.4mg/kgADW以上1.0mg/kgADW未満の玄米の取扱い
    日本政府の2003年までの産米の取扱い
    2004年以降の産米の取扱い

8章 日本政府の対応(U)
 8.1 『日本政府意見』の作成経過
    『中間解析報告書』における推計方法
    『中間解析報告書』から日本政府修正案を決定
 8.2 『日本政府意見』の問題点
 8.3 非汚染火山灰土中カドミウム濃度は高くない
    非汚染火山灰土中カドミウム濃度は高いという衛生学者の主張
    非汚染火山灰土中カドミウム濃度は高くない
 8.4 非汚染水田産米中カドミウム濃度の最大値0.4mg/kgは正しいか
    安中地域調査で対照(非汚染)とされた地点は汚染田であった
    0.4mg/kg以上のカドミウム米が検出された水田は汚染田
 8.5 『中間解析報告書』が用いた資料の問題点
    母集団から19歳以下、妊婦および20歳以上の多くの人を除いている
    19歳以下の人の体重1kg当たりの食品摂取量は多い
    19歳以下を除いた理由の厚生労働省説明
    農林水産省調査による作物中カドミウム濃度および代替最大濃度案
 8.6 『日本政府意見』のその他の問題点
    たった1回の会議で決めたこと
    玄米中カドミウム濃度の耐容基準値を1.0ppmへの反省がない

9章 摂取耐容量・最大基準値−食品特にコメ中カドミウムを中心に
 9.1 日本における調査から求めたコメ中カドミウムの摂取耐容量
 9.2 イタイイタイ病発生時点までのカドミウム曝露量の推定
 9.3 PTWIから計算したコメ中カドミウムの摂取耐容量
 9.4 玄米中カドミウム濃度1.0mg/kgADWとPTWI
 9.5 タバコ中に含まれるカドミウム

10章 汚染源および生産量と消費量
 10.1 カドミウムの汚染源
    亜鉛鉱山・製錬所
    カドミウムを含む製品を製造する工場
    カドミウム含有製品の使用と廃棄
 10.2 世界の生産量および消費量
    生産量
    消費量

資料1)土壌汚染対策法について
    1)土壌汚染対策法の特徴
    2)土壌汚染対策法における基準値と問題点
資料2)イタイイタイ病裁判以前
    原告最終準備書面 第一 はじめに
    1.イタイイタイ病(本人尋問調書より)
    2.鉱毒の歴史と被告会社
    3.闘いに立ち上がるまで

おわりに
引用文献
用語解説
索引

採用情報 |  著作権について |  個人情報保護 |  サイトマップ | 
株式会社 アグネ技術センター   〒107-0062 東京都港区南青山5-1-25 北村ビル
 TEL03-3409-5329(代表)/FAX03-3409-8237
© AGNE Gijutsu Center Inc., 2011-