アグネ技術センターHOME   会社案内 |  出版部門 |  お問合わせ |  測定料金 |  試料形状 | 

TOP 熱分析 X線分析 物理測定 その他の分析
測定・分析部門 TOP  >  熱分析  >  熱拡散率測定

熱分析

示差熱重量分析

示差走査熱量分析

比熱測定

熱膨張測定

熱拡散率測定

熱伝導率測定






測定料金

試料形状

技術紹介



当社へのお問い合わせ

熱拡散率測定


レーザフラッシュ法
金属やセラミックのような熱伝導のよい物質の測定に適しています。
オプションの冶具やソフトを使って、薄膜の熱伝導率の測定や多層材の熱伝導率の測定も可能です。

【測定原理】
レーザフラッシュ法は直径8〜10mm、厚さ0.5〜3mmの円盤状試料にレーザ光を照射し、裏面の温度履歴曲線を解析することにより、熱拡散率α、比熱Cpを求め、次の式から熱伝導率λを求めます。

   λ=α・Cp・ρ  (ρ:密度)

また、熱拡散率αは図1のt1/2(最高温度上昇ΔTmの1/2に達する時間)と厚さLから求めます。
   α=0.1388L2/t1/2

比熱Cpは、室温は標準試料との比較から求めます。
吸収熱量を一定にするために、グラッシーカーボンの受光板を試料に接着して測定し、図1のΔT0(試料からの熱損失を指数関数近似によって補正したときの最高温度上昇)を求め、同様にして求めた標準試料のΔT0と比較して試料の比熱を計算します。
高温での比熱は試料表面をカーボンスプレーで黒化処理して測定した高温と室温のΔT0を比較計算します。


図1


真空理工製熱定数測定 TC-3000


真空理工製熱定数測定 TC-7000


アルバック理工製熱定数測定装置 TC-9000


測定装置 測定温度範囲 測定雰囲気
真空理工製熱定数測定装置 TC-3000 −110〜1000℃ 大気中、真空中、
不活性ガス中(Ar)
真空理工製熱定数測定装置 TC-7000 室温〜1300℃ 大気中、真空中、
不活性ガス中(Ar)
アルバック理工製熱定数測定装置 TC-9000 室温〜1300℃ 大気中、真空中、
不活性ガス中(Ar)

採用情報 |  著作権について |  個人情報保護 |  サイトマップ | 
株式会社 アグネ技術センター   〒107-0062 東京都港区南青山5-1-25 北村ビル
 TEL03-3409-5329(代表)/FAX03-3409-8237
© AGNE Gijutsu Center Inc., 2014-